•  

    こうやま のりお

    神山典士
    ノンフィクション作家
    WORKS NOW

     

    Learn More
  •  

    異文化 x 表現者 x アウトロー
    文章を通して様々な地平を耕す
    文学農民を目指します。

  •  

    成功する里山ビジネス
    ダウンシフトという選択

    New 2017年7月10日出版(角川新書)

    Learn More
  •  

    Hokusai
    beyond the
    Great Wave

    2017年 ロンドン大英博物館「葛飾北斎展」にて

写真:北村 崇

WRITING

「異文化」「表現者」「アウトロー」の三大鉱脈を掘り続け30年。文章を通して様々な地平を耕す「文学農民」を目指します。いま手がけている大きなテーマは、「下山の時代を明るくたくましく生きる」「学校で教えてくれなかった文章の書き方」「北斎と小布施~時代と国境を越えて」

Case study

PRODUCING

単行本や冊子等をプロデュースすること。その作業もまた、クリエイターとしての喜びの一つです。若きリーダーと組んだ企画が続きます。ビジネス、食文化、教育、芸術等、さまざまな分野で「書物、文章」という手法を駆使して、存在感のある作品を生み出したいと思っています。

Case study

EDUCATION

子どもたちに書く喜びを。若者たちに書くことでキャリア教育を。自己実現を目指すビジネスマンに文章サロンを。熟年者に自分の人生を定着させる文章を。様々な世代の人たちとそれぞれのテーマを追いながら、文章を通して、より充実した生き方を模索していきたいと思います。

Case study
これにて「神山典士 異文化3部作」堂々完結!
No.3 知られざる北斎
幻冬舎,2018

モネやゴッホは、なぜ北斎に魅せられたのか?
北斎をプロデュースした天才画商・林忠正とは?
北斎晩年の創作を支えた小布施の髙井鴻山とは?
日本人が知らない、気付いていない「北斎」のすべてを解く。

No.1 不敗の格闘王 前田光世伝
祥伝社黄金文庫,2014

明治時代、欧米を闘い歩き2000試合無敗という伝説を残す。 晩年はアマゾンに留まり、「日本人移民の父」と言われた男の評伝。

 
No.2 伝説の総料理長サリー・ワイル物語
草思社文庫,2015

関東大震災で壊滅した横浜に生れたホテル、ニューグランドの料理長としてパリから招かれた、スイス人シェフ。戦後は日本の若き料理人たちをスイスに招き、本場修行の足掛かりをつくり「スイスパパ」と呼ばれた。

いま手がけているテーマ

成功する里山ビジネス

ダウンシフトという選択

(角川新書)

サンデー毎日に連載中の「下山の時代の仕事術」に大幅加筆して、この時代に「未来」を探す生き方、働き方を描きます。かつて人は上り列車に乗って未来を夢見ましたが、下山の時代には下り列車がキーワードになる。けっして後ろ向きではなく、明るくおおらかに力強く下っていく生き方を示します。このテーマで勉強会を開催します。お仲間が10人以上集まれば、応援に神山が出かけて行って「対話」の場を創ります。ご希望の方はバザールまで。

150冊執筆売れっ子ライターのもう恥をかかない文章術

(ポプラ社 2018年7月)

朝日カルチャーセンターエッセイ講座や小学生作文教室等を実践する中で、この国では「母語による文章の書き方」がメソッドとして教えられていないことがわかりました。書きたいことを書くのではなく、読者が読みたい文章を書くために━、日本語の特徴を生かした書き方の基本をここで提言したいと思います。
 

知られざる北斎

(幻冬舎 2018年7月)

2017年夏、大英博物館で北斎展が開かれ、14点の小布施コレクションが展示されました。タイム誌が選ぶ「世界を変えた100人」にも選ばれた天才絵師北斎。その最晩年、北斎は小布施に長逗留し幾多の肉筆画を描きました。その理由はなんだったのか?いまも小布施に残る北斎のDNAとは?時代と国境を越えた物語が生れてきます。

モネ・ゴッホはなぜ
北斎に熱狂したのか?

 

BAZAAR NOW

神山典士/こうやまのりお下から1、2、3です~。よろしくどーぞ~。

2017/09/03

    神山典士/こうやまのりお9月13日から始まる「北斎ロード」に着用するTシャツをつくりたいと思います。
    市川画伯に絵を描いていただきました。
    どれがいいでしょう。
    1、2、3で応募してください。
    参加者の中から抽選で一名様にこのTシャツプレゼント。
    奮ってどーぞー。

    2017/09/03

      INFORMATION
      神山典士著『 知られざる北斎~モネ、ゴッホ、忠正、鴻山(幻冬社)』出版記念トークショー - 2018年7月11日

      ゴッホ、ドガら19世紀末ジャポニスムのアーティストたちのドキュメンタリーをつくり、北斎を始めとする江戸のアーティストたちのことにも博識な山口智子さん。
      なぜ北斎は印象派のアーティストたちを刺激したのか?
      なぜ印象派の画家たちは、あんなにも北斎や浮世絵を愛したのか?
      分かりやすく楽しく語ります。

      開催日時 2018年8月11日(土)16:00~
      会費 [ 8,000円](当日精算)
      ※定員60名となりますので、お早めのご予約をお待ちしております
      会場 豊年万福 ] 東京都中央区日本橋室町1-8-6
      地下鉄 三越前駅 B6番出口 徒歩1分、 地下鉄 日本橋駅 B10番・D4番出口 徒歩3分
      ご予約 お電話、またはメールにて受付
      [ 北斎サミットジャパン委員会事務局 ]
      Tel:080-3252-7449
      Mail:mhd03414@nifty.com
       
      facebook

      神山典士 eライブラリー

      作品アーカイブ

      雑誌や単行本等々に書いてきた作品群を、見て、読んで、基本的には無料でダウンロードしていただけるサイトです。
      Kindle版、PDFでお読みいただけます。


      Learn More
      バザールと神山典士の今後の展開